気の向くままに・・・

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

ナル誕SS


Category: NARUTO   Tags: ---
今頃ですが・・・今月の10日がナルトの誕生日で、ここでイラストUPなどしてお祝いしていましたが・・その後、某サイトのコミュにてナルト誕生日の企画が今月一杯までありまして、そこでSSを書いてみました。
が、自来也様のドリームは書いてはいるものの・・・自来也様以外のキャラで書いた事がなかったため、やはし微妙~~とか思い、ここでUPしないつもりだったのですが・・ブロ友の水青さんに読んで頂いたところ、返信メールにSSをイメージしたラフ画で素敵ナルト&サスケの絵を描いて送って下さったんです!!
ワタクシ・・・水青さんの描かれるナルト絵がとても好きなのです。
可愛らしくて、ほんわかして、暖かい感じで・・・本当素敵なのです。

そこで・・・無理をお願いしてSSの中の場面をイメージして挿絵的なイラストをいくつかお願いし、コラボってみませんか?と申し込んだのです。
そしたらOKを頂きまして・・本日、そのイラスト達が私の所に!!!ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ!!


・・・と言う事で(前置き長くてすいません)今回こちらでもUPさせて頂きます!
多分・・いいえ、しっかり私のSSは水青さんのイラストに負けてますwww
私のSSは二の次で水青さんのイラストメインで見て頂けたら・・と思います。

ちなみに・・・設定は10年後設定で、ナルトが26歳の誕生日を迎えた話になっております。
いつかこんな日が来たらな・・こうなったらな・・・的な願望SSですので、細かい事とかはスルーの方向でお願い致しますwww


==================================================


じらさんss _image1

ナルトは1人、歴代火影が眠る慰霊碑の前に立っていた。


「父ちゃん・・オレってば26歳になったってばよ」
「今までたくさんの仲間に支えられて・・教えられてここまで来たってばよ」
「・・・喜んでくれるか?」

ナルトは鼻の下をこすりヘヘっと笑った。


「ナルト!!」

振り向くとそこにはサクラ・サイ・カカシの姿があった。

「サクラちゃん・・・サイ・・カカシ先生!」
「こんなとこにいたのね!ったくぅ!主役がいなくちゃ始まらないでしょ!!みんな待ってるのよ!?」
「全くです・・・。こっちは散々探し回ったんですからね。殴りますよ?」
「こらこら・・物騒な事言わないの。サイ」
相変わらずのサイの言動にカカシは困った様に微笑んだ。


じらさんss _image2


「あはは・・・悪ィ悪ィ!」
「ホラぁ!行くわよ!」
「ああ。分かったってばよ」

ナルトは再び慰霊碑の方を向いた。
「んじゃ・・ちょっくら行って来るってばよ!父ちゃん!」
「ちゃんと母ちゃんとエロ仙人も一緒に祝っててくれよな!」

じらさんss _image3


そう言いナルトは先を行くサクラ達の後を追った。

しかし数歩駆け出すとふっとナルトの足が止まった。



「忘れもんだ」



その言葉と同時にナルトの頭上から1枚の羽織が投げられた。
「そいつもないと・・始まらねエだろ」
「・・・・サスケ」

ぶっきらぼうにそう言うとサスケは木の上から飛び降り、サクラ達が向かった方向へとスタスタ進み出した。
そんなサスケに笑みを浮かべるとナルトはサスケがよこした羽織を羽織った。
背中に【6代目火影】と記された白い羽織を・・・。


「さっさと来い!ウスラトンカチ」
「うっせーよ!ウスラトンカチって言うな!オレは今日から火影だぞ!」


じらさんss _image4


「フン!木の葉も終わったな・・。こんなウスラトンカチが火影になるんだから」


「・・・・だったらずっと横にいろ」


「何?」
「これからもずっと・・・オレの横にいて支えて・・・オレを見て行ってくれってばよ。サスケ・・・」
「・・・・・・」


「・・・・フン・・」
そっけない返事をするとサスケは再びスタスタとナルトの先を歩き出した。
しかしその口元にはフッと笑みを浮かべていた。

「ちぇっ・・・・」
余りにそっけない返事にナルトはふてくれながらサスケの後ろを歩き出した。
「何してる。さっさと来い!ウスラトンカチ!今日はお前の誕生日と火影就任の祝いだろう。またサクラにどやされるぞ」
「ああ・・」
まだ不満そうな顔をしてるナルトにサスケは小さな溜息をついた。


「お前はオレに認められたいんだろう?だったら見せてみろ。これからのお前を・・・お前の火の意志とやらを・・・・」
「オレが・・・・ずっと見届けてやる」



「・・・お前の横で」



「サスケ・・・」
まっすぐナルトを見据えそう言うサスケにナルトはニッと笑みを浮かべた。


「オウ!!」


じらさんss _image5



~Fin~



本当、駄文ですいません!!ペコm(_ _;m)三(m;_ _)mペコ

水青さん!!本当に本当に素敵イラストをありがとうございました!!
大好きですーーーー(〃ω〃) キャァ♪




web拍手 by FC2
スポンサーサイト
10 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

09

11


 
自サイトTOP
サイトTOPへ飛びます。イラストなどはこちらにUPしてます。 LINKなどもこちらでお願いします。
気の向くままに(自サイト)
 
The Wing
【進撃の巨人】用のサイトです。イラストとリヴァエレ小説(エレン女体化多し)の置き場となってますので、よろしかったらどうぞです。
The Wing(進撃の巨人用サイト)
 
プロフィール

JIRA183

Author:JIRA183
ようこそいらっしゃいませ。
【NARUTO】の自来也様と【黒子のバスケ】の黒子っちをこよなく愛する主婦です。
コメント・メッセージなどお気軽にどうぞです♪

 
メールフォーム
気軽にメッセージなど頂けたら嬉しいです。メアド無記名の方はブログ上にて返信いたします。
 
FC2カウンター
 
登録してます
 
QRコード
QR
 
 
 
 
 
 


Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。